2017年11月17日

紅葉の四万温泉ひとり旅 その6

翌朝は朝風呂に入りたくて6時半に起きました。

20171117080104297.jpg

冷たい空気のなか、頭上を覆う紅葉を見ながら入る朝風呂は最高の贅沢でした。

20171117080246198.jpg

朝食もご飯と味噌汁をお替わりして、しっかりといただきました。

20171117080358423.jpg

9時20分発のバスで、中之条駅に戻ります。
色づいた山々がとてもきれいでした。

20171117080443203.jpg

中之条駅のホームにはたくさんの干し柿が吊るされていました。

DSCF1311.JPG

入線してきた高崎ゆきの普通列車は115系ではなくロングシートの211系でした。
吾妻線でもロングシートの運用が始まってるんだなー。
しかもいつの間にか高崎行きは減り、新前橋止まりが増えていたのも驚きました。

DSCF1314.JPG

帰りは新宿経由で帰ったのですが、大宮で分割すると180円も安くなりました。
また中之条→大宮の乗車券を普通に在来線経由で購入すると
東京近郊区間のため経路が自由に選べる代わりに途中下車ができなくなっているのですが
新幹線経由にすると近郊区間の適用が外れて途中下車ができるので、
新幹線経由で乗車券を購入して、高崎駅で途中下車し、群馬のお土産を買ってから東京に帰りました。

DSCF1315.JPG

新宿に戻ってきた時の残念な感じと言ったらありゃしない…。

今回はひたすら四万の湯に浸かり、紅葉と温泉を堪能できた旅でした。
心のちりを洗い流し、また仕事頑張れそうです。
posted by さわやん at 18:18| Comment(0) | 旅行・お出かけ 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

紅葉の四万温泉ひとり旅 その5

本館の宿泊者は18時〜19時までが夕食タイムです。

20171116075821044.jpg

基本的には大広間で食べるのですが、
お重タイプなので部屋に持ち帰って食べるのもOK。
これなら一人旅でも気兼ねなく食事できて良いですよね。

自分は部屋に持ち帰るのが面倒なのと、
人目が気にならないのでここで食べちゃう(笑)

20171116080055408.jpg

20171116080108621.jpg

20171116080117988.jpg

夕食はこんな感じです。
群馬名物のさしみこんにゃくなどもあり、
ご飯と豚汁がお替わり自由なので、お腹いっぱいになるまで美味しくいただきました。

6回の宿泊の中で常に良くなって来ているのがこの食事で、
初回は大広間の床に座っての精進料理のような内容だったのに、
今は同じ大広間に椅子とテーブルが置かれ、料理にも肉や魚が出るようになり、
今回はソフトドリンクのドリンクバーまで設置されていました。

20171116080546897.jpg

夕食後はちょっと外を散策。

20171116080605651.jpg

20171116080615192.jpg

宿のライトアップも見事でした。

20171116081211250.jpg

20171116081219790.jpg

本館のフロントである「帳場」。
歩く度に床の軋む音がして、懐かしさを感じます。

20171116081227397.jpg

電話室には昔ながらの黒電話が置かれていました。
posted by さわやん at 10:10| Comment(0) | 旅行・お出かけ 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

紅葉の四万温泉ひとり旅 その4

本日の宿、積善館に到着しました。
今回で6回目の宿泊となります。

20171115081107051.jpg

20171115081128120.jpg

千と千尋の神隠しの湯屋のモデルとなった建物は風情たっぷりです。

20171115081259213.jpg

部屋は壱番館という建物にある一人用のシングルルーム。
トイレは外なのですが、天然温泉の床暖房で暖房なしでも暖かいので、
空気が乾燥していなくてとても快適です。
一泊二食付きで9,200円でした。

20171115081617273.jpg

20171115081626672.jpg

20171115081636566.jpg

20171115081647416.jpg

20171115083707134.jpg

歴史を感じる本館はタイムスリップしたような感覚で、歩いているだけで楽しいです。

20171115083717165.jpg

昭和5年に造られた大浴場「元禄の湯」。
湯船の底から源泉が出ている、積善館の名物風呂です。

20171115083733225.jpg

こちらは本館とは別棟「佳松館」にある露天風呂がある大浴場「杜の湯」。
本館とは違ってお香の香り漂う高級宿の雰囲気で、贅沢な気分に浸れました。

この他にも貸切風呂や混浴風呂などもあり、一晩中湯めぐりを楽しみました。
posted by さわやん at 22:28| Comment(0) | 旅行・お出かけ 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする