2015年12月31日

北海道年越し旅 2015-2016 その18

いよいよ今年最後の朝を迎えました。

20160107080538749.jpg

この日は朝から吹雪模様。
朝風呂は嬉しいことに雪見露天風呂となりました。

20160107080721617.jpg

北海道のドーミーインといえば、やっぱりこの海鮮丼食べ放題の朝食です。
同系列のラビスタ函館ベイではこの朝食がすっかり有名ですが
道内のドーミーインでも同じように出てきます。

いっぱい食べ過ぎてしまってお昼に何も食べられなくなってしまうのが玉に傷…。

20160107081047421.jpg

今日は大晦日なので散策はほんの少し。

20160107081141523.jpg

防波堤ドームに明るい時間にも行ってみようかなと思ったら猛吹雪です。

20160107081820682.jpg

防波堤から見た海の向こうはロシアだと思うと、なんだか不思議な感じがしました。

20160107081316728.jpg

稚内から旭川まで続く国道40号。
同じ道北地方の旭川までですら250kmです。
いかに稚内が他の都市と離れているかを実感します。
英語だけでなくロシア語が併記されているのも国境の街という感じがしますね。

20160107081620853.jpg

稚内駅から5分ほど歩いて、セイコーマートの稚内中央店にやってきました。
稚内駅前店の方が近いのですが、ホットシェフがあるのはこちらの中央店です。

20160107082028206.jpg

大晦日の夕食はこれだけ(笑)。

晩酌するわけでもないので、部屋で食べるならこれで十分なのです。。

20160107082241724.jpg

次第に今年最後の夕暮れ時を迎えました。

20160107083442975.jpg

大晦日の夜は毎年どこかの旅先のホテルで紅白を見ながら過ごします。
この時間を迎える度に、「あぁ、今年も無事に終わったんだなぁ…」と実感します。

紅白が終わった後は、最上階の温泉へ向かい
近所の神社で鳴っている除夜の鐘を聴きながら、雪見風呂で年越しをしました。
一人で迎える年越しでしたが、とても風情があって、素敵な年越しとなりました。
posted by さわやん at 23:28| Comment(0) | 旅行・お出かけ 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

北海道年越し旅 2015-2016 その17

稚内温泉から戻ってきて15時を過ぎたのでチェックインしました。

20160106182301989.jpg

部屋は客室フロアとしては最上階の9階を用意していただけました。

20160106182424099.jpg

部屋の窓からは市街地の北側の街並みが一望でき、日本海も見ることができました。

20160106182655552.jpg

ドーミーインの部屋のいいところは洗面所がトイレと別になっているところですね。

館内着が浴衣じゃなくて作務衣なのも、はだけないので気に入ってます。

20160106184149624.jpg

いろんなメディアに対応した充電器が部屋に準備されているのもポイント高いです。

20160106182904630.jpg

夕食は普通のものが食べたくて、バスに乗ってファミレスに行きました。。。

20160106183010849.jpg

ファミレス(ヴィクトリア)のすぐ近くにある稚内のデパート「西條」です。
このカラフルすぎる5色のカラーリングされたローマ字のロゴが
個人的にはなかなか気に入ってます(笑)

20160106183315288.jpg

ファミレスでの食事を終えて、再びバスで稚内駅へと戻ってきました。
夜になってもバスが1時間に4本も走ってるので、本当に移動が楽で助かります。

20160106183436938.jpg

一方でJRの方は20時前にも関わらず、すでに最終列車が出てしまっていました。

あとは札幌から来た特急が22時56分に到着するのみです。

20160106184656869.jpg

駅の北側にある防波堤ドームにも行ってみました。
テント張って泊まってる人が結構います。
明日は宗谷岬で年越しするのかなー??

20160106184703294.jpg

夜は温泉に何回も入って、最後にドーミーイン定番の夜泣きそばをいただきました。
posted by さわやん at 23:45| Comment(0) | 旅行・お出かけ 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道年越し旅 2015-2016 その16

稚内に到着してまず向かったのは稚内温泉「童夢」です。

20160106080718155.jpg

ノシャップ経由坂の下ゆきに乗車。
バスは1時間半に1本ぐらいの頻度です。

20160106080848594.jpg

丘陵沿いを走る稚内らしい風景が続きます。

この丘陵が市街地の西側にあることで、厳しい季節風から街を守っているのです。

20160106081130203.jpg

ノシャップから先は丘陵の西側に入るため、
家が一気に少なくなり、風も強くなります。

20160106081102895.jpg

稚内温泉前のバス停で降りました。
この丘陵の反対側に稚内の市街地があります。

20160106081239009.jpg

個人的には稚内で一番好きな場所なのが、ここ「稚内温泉 童夢」です。

20160106081413819.jpg

ここの特徴はやはり露天風呂から眺める稚内らしい風景。
これは休憩室から撮った写真なのですが、海の向こうに利尻富士が見えるんです。

DSCF2978.JPG

時折雪を伴った強風が吹き付ける露天風呂は
北海道の温泉らしいなー!と思わせてくれる素敵な露天風呂です。

20160106083948683.jpg

館内はとても広く、造りもかなりゆったりしています。
カラオケやランニングマシンもなんと無料(笑)

20160106083953315.jpg

仮眠室もあって、あまりの気持ち良さに思わず眠ってしまいました。。。
入浴料600円で、ここまで寛げる場所はなかなかないですよね。
バスの本数は多くはないですが、施設内で十分時間を潰せます。

20160106084359686.jpg

1時間半ほど滞在して、バスで再び市街地へと戻ってきました。

20160106084404409.jpg

稚内温泉に行くバスこそ、本数は多くないですが、
ノシャップ〜稚内駅〜南稚内駅〜潮見5丁目を結ぶ区間は
バスが始発から最終まで常に11〜19分間隔で運行されています。
一本逃してもまたすぐ次が来ると言う感じで、これは観光するには非常に便利です。

人口4万に満たない稚内の街でこれだけ多くの路線バスが走っていると言うのは
車社会の北海道にありながら、すごいことだよなぁと訪れる度に思います。
posted by さわやん at 21:38| Comment(0) | 旅行・お出かけ 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする