2017年02月28日

初めての香川 うどんと直島を巡る旅 その6

高松港から45分ほどで直島の宮浦港につきました。

20170228082159888.jpg

20170228082211092.jpg

直島はアートの島。
港では草間彌生さんの作品、赤かぼちゃが出迎えてくれます。

20170228082222246.jpg

島内を巡る100円の路線バスも可愛らしい水玉模様。
今回は天気がいいので、1,000円で電動自転車を借りることにしました。

20170228082240913.jpg

島の中央にある坂を越えて、宮浦港の反対側まで来ました。写真は直島町役場。
ママチャリだと少しキツイ坂ですが、電動自転車だと楽々でした。
途中で先程の路線バスに抜かれたのですが
そちらは超満員だったので、本当に自転車にしてよかったなーと思いました。

20170228082248484.jpg

「あいすなお」という古民家風のカフェでランチをいただきました。

20170228082323773.jpg

20170228082258955.jpg

お店の雰囲気がよく、料理も身体に優しいものばかりで幸せな気持ちになりました。
カフェごはんなので、男性陣が腹いっぱい食べるには少し物足りないかも。。

20170228082342342.jpg

20170228082351415.jpg

20170228082358442.jpg

狭い路地沿いにはカフェや食事処、ギャラリーなどたくさんのお店が点在しています。
自転車では走りにくいので駐輪場に停めて、徒歩で散策しましたが、
直島町役場から徒歩5分圏内でも20軒以上のお店があります。

古い民家が立ち並ぶ中に、小さなお店がたくさん点在している様子は
あまり他で見たことがなく、とてもいい雰囲気だなーと思いました。
posted by さわやん at 08:26| Comment(0) | 旅行・お出かけ 香川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

初めての香川 うどんと直島を巡る旅 その5

翌日は朝から直島へと向かいます。

20170227082613083.jpg

ホテルの近くにある栗林公園駅から、ことでんに乗って高松築港駅まで移動。

20170227082622720.jpg

20170227082630741.jpg

高松駅前の「めりけんや」で、かけうどん大(300円)を朝食にいただきました。
JR四国が運営しているうどん店らしいですが、とても美味しく頂きました。

20170227082644268.jpg

JR高松駅、ことでん高松築港駅、高松港は全て徒歩5分圏内にあります。
うどんを食べてから海の方に向かうと、港はすぐそこです。
高松港にはいくつかのアート作品が点在しており、これもその一つです。

20170227082658097.jpg

小豆島や直島の他、瀬戸内海の様々な島へ向かう船がここから出ています。

20170227082708581.jpg

直島ゆきの乗船券を購入しました。
フェリー価格の相場が分からないのですが、往復990円は安いなーと思いました。

20170227082723046.jpg

乗船予定の船が直島から戻ってきました。
かなり大きな船でビックリ!

20170227082732336.jpg

船内に入ると、木目調のシートが並び、明るく開放的な雰囲気。
これなら外の風景をゆっくり見たい人も、ソファでゴロゴロしたい人も楽しめますね。

20170227082746855.jpg

10時14分、高松港から直島の宮浦港に向けて出港です。
フェリーのスピードは意外と速く、高松の街がどんどんと離れていきます。

20170227082757845.jpg

少し寒かったけど、しばらくの間は屋上デッキにいました。
フェリーというと、何も見えなくて退屈になることも多いのですが、
瀬戸内海は本当に島がたくさんあって、見飽きることがなかったです。
posted by さわやん at 08:29| Comment(0) | 旅行・お出かけ 香川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

初めての香川 うどんと直島を巡る旅 その4

ホテルで少し昼寝して、夕方から仏生山(ぶっしょうざん)温泉という日帰り温泉に行きました。

20170224080139648.jpg

もう18時半で東京なら真っ暗なのに、高松では西の空に明るさが残っていました。

20170224080305660.jpg

ことでんのホームページで調べたら、
ちょうど仏生山温泉とのセットきっぷが発売されていたので、
栗林公園駅で「ことでんおんせん乗車入浴券」を1,000円で購入しました。

20170224080514110.jpg

仏生山温泉の入浴券とタオル、仏生山駅から320円区間が一日乗り放題のきっぷが
すべてセットになって1,000円です。うちわが入浴券と乗車券を兼ねています。
温泉が通常600円、栗林公園〜仏生山までは往復480円なので、これだけでもお得。

お昼に何も知らず、高松築港から瓦町まで普通に190円払って乗ったのが勿体ない…。

20170224080911047.jpg

栗林公園駅から10分ほとで仏生山駅に着きました。

20170224081041557.jpg

地方ローカル線らしい、かわいらしい駅舎です。

20170224081153608.jpg

駅から10分ほとで仏生山温泉に到着です。
なんか温泉ぽくない。。。

20170224081240583.jpg

入口には人すら見えません。
なんだか美術館みたいな造りです。

中に入ると、外からは見えない場所に下足ロッカーや券売機がありました。
今回はうちわが入浴券なので、そこに判を押してもらって中へと入りました。

20170224081341753.jpg

館内もとてもスタイリッシュな感じで、本当に美術館のような雰囲気です。
「50m書店」と題された長い廊下には古本が奥までズラリと並べられていました。

20170224081357338.jpg

温泉は源泉掛け流しの重曹泉で肌が驚くほどなめらかになりました。
露天風呂が全体的にぬるく、熱いお風呂に人が集中していたので、
ゆったり入るなら夏の方が気持ちいいかも。
写真には載せられませんが、お風呂も洗練された雰囲気で、とても良かったです。

湯上がり処で、生バナナジュースをいただきました。
今日はすごく疲れてたからやっとサッパリしたー!

20170224081434067.jpg

帰りも仏生山から栗林公園まで、ことでんの電車に揺られて帰ってきました。
こういう地方の鉄道に乗って、地元の人が行くような温泉を訪ねる旅、
ガイドブックでは紹介されていないですが、個人的にはすごく好きです。
posted by さわやん at 08:27| Comment(0) | 旅行・お出かけ 香川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする