2017年06月06日

旧国鉄日中線の跡

(※画像がうまくアップロードされていなかったので、再アップしました)

帰省中、両親と一緒に、旧国鉄日中線の熱塩駅を訪れました。
日中線は、磐越西線の喜多方駅から熱塩駅の間を
昭和13年から昭和59年まで営業運転していた路線で、
最終的には山形県の米沢まで延伸する予定だったそうです。

20170606080404211.jpg

終着駅だった熱塩駅は、日中線記念館として保存されています。

20170606080923944.jpg

駅の待合室。
窓の枠がいかにも昔の駅という感じで、逆に洒落てます。

20170606080938163.jpg

地元の保存会の方々が淹れてくれるのか、コーヒーがおかわり自由で100円。
待合室でノスタルジックな気分に浸りながら、コーヒーをいただきました。

20170607234201217.jpg

20170607234217792.jpg

DSCF0012.JPG

自分が生まれた頃は、まだここも現役だったんだなぁ。

20170607234226245.jpg

20170607234239183.jpg

硬券の販売機と日付印字機。

DSCF0018.JPG

20170607234247602.jpg

ホームの外には、運行当時、現役で活躍していた車両が保存されていました。

20170607234259089.jpg

20170607234414793.jpg

この重厚感のある車内の造り。
逆に今の時間にこんな車両で旅ができたら、なんて贅沢なんだろうと思います。

時代を経て、ようやくその価値が分かるものってありますよね。
posted by さわやん at 10:18| Comment(0) | 旅行・お出かけ 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする