2015年06月05日

GW九州一人旅 その23 九州横断特急 赤水〜別府

九州横断特急は阿蘇のカルデラの中を走ります。

20150604181839818.jpg

荒々しい山肌はいかにも活火山の様相です。

山肌に目を凝らすと、山頂の近くをきらきらと走る車の列が見えました。
鉄道ではこの近さまでしか行けませんが、
車だと「やまなみハイウェイ」があるので本当に迫力がありそうですね。

20150604182315646.jpg

阿蘇山は周辺の山を総称したもので、「阿蘇山」という山はありません。

線路がカーブしながら進んでいくので、さっきとは別の山々も見えてきます。

20150604182704229.jpg

宮地駅に到着しました。
先ほどすれ違った「あそぼーい!」の始発駅です。

ここから先は大分県との県境区間に入り、
普通列車は1日5本しか運転されていません。

20150604182935680.jpg

JR九州で最も高所(標高754m)にある波野駅を通過しました。

20150604183226785.jpg

宮地駅の次は豊後荻駅に停車しました。

「豊後(ぶんご)」という地名からもここから先が大分県であることが分かりますね。

20150604183409873.jpg

大分県に入ると阿蘇山の姿は見えなくなり
のんびりとした田園風景となってきます。

20150604183538819.jpg

三重町駅でそれなりに多くの人が下車し、
自由席の混雑はようやく落ち着きました。

20150604183442678.jpg

ビルがたくさん立ち並んでくると県都、大分に到着です。
九州はどの県も県庁所在地の街はデカいですね。

昔来たときは地上駅でしたが、いつの間にか高架になってきれいになってました。

20150604183507228.jpg

九州横断特急の終点は大分ではなく別府。
大分から別府までは九州横断特急で唯一の海沿いを走る区間です。

夕日に照らされて輝く海がとてもきれいでした。

20150604183511753.jpg

大分から10分程で終点の別府に着きました。
温泉マークの付いた駅名板がいかにも別府らしいですね。

人吉を13時半に出たのに、既に時間は18時半前。
人吉から実に4時間45分も乗っていたので、かなりお尻が痛くなりました。

これから今回のGW一人旅で最後の滞在地である鉄輪温泉へと向かいます。
posted by さわやん at 08:15| Comment(0) | 旅行・お出かけ 熊本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

GW九州一人旅 その22 九州横断特急 人吉〜赤水

九州横断特急は別府に向けて人吉を出発しました。
今回は自由席利用だったのですが、人吉を出る時点でほぼ満席の状態でした。

20150603082456075.jpg

人吉からしばらくの間、車窓の右手には球磨川が寄り添います。
エメラルドグリーンの水は新緑によく映えます。

20150603081215305.jpg

平仮名の「ひ」のような形をして流れていく場所もあります。
車窓からは急流下りをしている人たちの姿も見えました。

20150603082005165.jpg

人吉を出てから最初のうちは急流でしたが、
中流になると流れはかなり穏やかになり、川幅がかなり広くなってきます。

悠然とした球磨川の流れはとても迫力があり、感動しました。

20150603082109541.jpg

人吉〜八代間はほとんど平地がなく、深い山々の間を縫うように走っていきます。

小さな集落はあるものの、八代の街が見えてくるまではかなり家が少なかったです。

20150603082656198.jpg

一時間ほどで新八代に到着しました。

九州新幹線に乗り換える人が5人ほど降りていきましたが、まだまだ混んでます。

20150603084016415.jpg

新八代の次は熊本までノンストップ。
ようやく本来の最高速度を出して、田園風景の中を突っ走ります。

熊本には定刻通りの15時ちょうどに到着。
ここで半分以上の人が下車し、それ以上の人たちが乗り込んできました。

熊本から先は進行方向が変わり、さらに眺めが良い席も反対側になるため、
全員が降りた隙に座席を回転させ、急いで反対側の窓際に移りました。

20150603084756988.jpg

熊本から豊肥本線に入り、阿蘇の山々に迫るように進んでいきます。

20150603084805224.jpg

立野駅ではスイッチバックがありました。
右側の線路が立野駅に向かう線路で、再びバックでここまで戻ってきて
次は左側の線路を進んでいきます。

九州ではこの立野駅の他に肥薩線の真幸駅と大畑駅がスイッチバックの駅なのですが
今日はその3つを一日で制覇したことになりますね。

20150604081217208.jpg

これまではひたすら山を登っていましたが
途中から阿蘇のカルデラの中に入り、視界が広くなってきました。
車窓から見える草原のような風景は阿蘇のイメージ通りという感じです。

20150604081621236.jpg

赤水駅では特急「あそぼーい!」と行き違い。
あちらは親子連れがメインでとても賑やかそうでした。

赤水駅から先が阿蘇山を見ながら進む区間となります。
posted by さわやん at 08:20| Comment(0) | 旅行・お出かけ 熊本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

GW九州一人旅 その21 しんぺい号 矢岳〜人吉

矢岳駅を出たしんぺい号はここから人吉まで一気に坂を下ります。

20150602081154799.jpg

次の大畑駅までの区間は、ループ線とスイッチバックを使って進んでいきます。

しんぺい号の車窓からはこれから進んでいく線路の様子を眼下に見ることができます。
左上に小さく見えているのが大畑駅ですが、
あそこまでまっすぐ下るわけではなく、
一旦、手前に見えている線路に入り、そこからスイッチバックで駅に入ります。

20150602081724173.jpg

大畑(おこば)駅に到着しました。
難読の駅名の一つになってそうですね。

20150602082113214.jpg

20150602081808109.jpg

大畑駅の駅舎には名刺や定期券などがびっしりと貼り付けられていました。
北海道で言うところの北浜駅や幸福駅みたいな感じです。
しんぺい号で通ってきた真幸駅や矢岳駅には全く貼られていないのに、
どうして大畑駅だけこういう駅になったんでしょうね。

20150602082122267.jpg

発車のベルが鳴り響き、みんな一斉に車内に戻ります。団体旅行みたい(笑)。

20150602082227203.jpg

大畑駅を出ると、終点の人吉はもうすぐ。
球磨川に架かる橋を渡ると、人吉の街並みが見えてきました。

20150602082344184.jpg

これはくま川鉄道の車両かな?

20150602083038607.jpg

終点の人吉に到着しました。
とても楽しい日本三大車窓の旅でした。

これで三大車窓すべてに乗車しましたが、
肥薩線は矢岳越えだけではなく、スイッチバックやループ線があったり、
途中に味のある駅があったり、観光列車も走っていたりと、
三大車窓の中でも一番鉄道らしい車窓だなぁと思いました。

20150602083047214.jpg

人吉からは九州横断特急に乗り換えです。

20150602083112195.jpg

九州横断特急はこの人吉を始発駅として、大分県の別府まで走っています。

別府までは4時間40分という、ものすごい長時間の乗車となりますが、
初めて乗る車両でもあり、初めて乗る路線でもあるのでとても楽しみです。
posted by さわやん at 23:58| Comment(0) | 旅行・お出かけ 熊本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする