2016年05月16日

初めての四国とフェリーで渡る別府温泉一人旅 その12

内陸に入った特急宇和海は、内子、伊予大洲の順に停車していきます。

20160516181202011.jpg

海側の予讃線に比べると、絶景という感じではないですが
穏やかな田園風景が広がって、それはそれでまた良いものです。

20160516181541328.jpg

狭い急斜面に家が立ち並ぶ様子は、いかにも四国らしい風景だなと思いました。

20160516181705674.jpg

松山から47分で八幡浜に到着しました。
ここからフェリー乗り場までは歩いて20分ほどです。

20160516182159721.jpg

駅前の大通りを歩くこと20分。
無事にフェリー乗り場のある港に着きました。

20160516182208294.jpg

フェリー乗り場に隣接して「アゴラマルシェ」という立派な道の駅があり、
港は多くの車でとても賑わっていました。
もう少し早くここに来ていれば、昼飯とかも食べられたなー!

そして、その後ろの山はすべてみかんの畑です。これもすごい眺めですね。

20160516182311898.jpg

八幡浜港からフェリーに乗り、一路九州の別府を目指します。
2等の乗船料金は片道3,100円です。

20160516182507496.jpg

2等船室なのでカーペットにみんなで雑魚寝タイプです。
乗船したのは出港25分前でしたが、わりと良さげな場所が空いていました。

20160516182831698.jpg

デッキから見た八幡浜港はこんな感じです。
みかん畑に覆われた山並みと、賑やかなアゴラマルシェを眺めつつの出港です。

20160516183010932.jpg

13時ちょうど。いよいよ四国を脱出して九州に向けて出港です。
デッキの上は心地よい海風が吹いていました。
posted by さわやん at 18:30| Comment(0) | 旅行・お出かけ 愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

初めての四国とフェリーで渡る別府温泉一人旅 その11

翌日、チェックアウト後に道後温泉本館にリベンジしました。

20160516080249925.jpg

あ!行列ができてない!
朝6時の時点では200人以上が入浴待ちの列を作っていたそうなのですが、
この時間になると道後温泉の宿泊客は帰る時間なので、空いてるんですね。

20160516080307401.jpg

2階より上の休憩つき入浴コースは満席でしたが、
1階の入浴のみコースは並ぶことなく入浴することができました。

共同浴場なので、本当にお風呂に入るだけなのですが、
日本最古の温泉の歴史を目だけでなく肌でも感じることができて良かったです。

20160516080607159.jpg

10時半すぎの市電に乗って、JR松山駅を目指します。
板張りの床の車内は、レトロな感じで旅情をそそりますね。

20160516084709401.jpg

25分ほどでJR松山駅に到着しました。
朝食として駅ナカにある「かけはし」で、
じゃこ天うどんと、ちくわの天ぷら(合計600円)を頂きました。

天ぷらは「はなまるうどん」のように、
ケース内から自分で取るタイプで、四国らしいなぁと思いました。

20160516084723861.jpg

松山駅から乗車するのは、宇和島ゆきの特急「宇和海」です。

20160516084732378.jpg

この宇和海、アンパンマン車両での運転でした。車体がすごいド派手(笑)

20160516084746914.jpg

先頭の1号車に乗りました。

自由席3両、指定席1両なので自由席の方が空いてる感じでした。
指定席は座席のグレードが高いのかな??

20160516180944014.jpg

昨日、まつちかタウン内の金券ショップで購入した八幡浜までの特急回数券。
片道乗車券と自由席特急券で2,060円でした。
もともと定価の運賃と特急料金でも2,460円なので、割引率は高くないです。
というか、乗り慣れたJR北海道のSきっぷフォーが
定価の約半額だったので、そっちがこれまで安すぎたのか…。

20160516180953317.jpg

車内はガラガラ。窓からは四国山地の山並みが見えました。

この宇和海、ディーゼル特急なのですが、
最高時速120kmで単線の線路を爆走します。
昔のJR北海道の爆走ぶりを思い出させる走りっぷりで久しぶりに興奮しました(笑)

20160516181001414.jpg

途中から昨日行った下灘駅方面の線路と分かれ、
内子線という内陸を通る線路に入ります。

向こうの線路とは伊予大洲で再び合流します。
posted by さわやん at 08:46| Comment(0) | 旅行・お出かけ 愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

初めての四国とフェリーで渡る別府温泉一人旅 その10

椿の湯に入ったあと、夕涼みがてら近くの道後公園に来てみました。
道後公園という市電の駅もありますが、道後温泉〜道後公園間は本当に歩いてもすぐです。

20160513080632400.jpg

きれいに手入れされた庭園があったりして、散歩するには気持ちのよい場所です。

20160513080240616.jpg

展望台まで上がってみると、温泉街の町並みがよく見えました。

20160513080456532.jpg

市内中心部の方に目を移すと、走る市電の向こうに松山城も見えました。
遠くには瀬戸内海も見え、ここで夕日が沈むまで待つという人もいました。

20160513080823251.jpg

その後、再び道後温泉本館へ行ってみましたが、建物を取り囲む程の行列で、
なんと入浴するまでに2時間待ちということだったので、今日の入浴は早々に諦めました。

20160513081050272.jpg

愛媛のA級グルメといえば鯛めしです。

温泉街のアーケードのなかに入っている丸水というお店で食べました。

このお店ではタレと卵が自由に選べます。
初めてなので、タレは一番人気の「三代目」というものをチョイス。
卵はどれもあんまり変わらないですと言われた(笑)ので、「みかんたまご」に。

20160513083949060.jpg

出てきたのが鯛の器に載った鯛のお刺身。
鯛めしというとイメージでは炊き込みご飯の上に鯛が乗ってる感じでしたが、
松山の炊くタイプと宇和島の刺身タイプの2種類があるんですね。
このお店のは宇和島風というものでした。

20160513084007191.jpg

特製のタレを卵をかきまぜ、
その中に鯛の刺身を全部入れ、ごはんにかけて食べました。

タレと卵に鯛の刺身が程よく絡んで、確かに美味しい!
けど、、、これで2,100円。卵かけごはんでいいかも。。。と思いました。
次は炊き込む方の鯛めしを食べてみたいです。

20160513084015134.jpg

暗くなっても道後温泉の賑わいはなかなか終わりません。
部屋の窓からはずっと賑やかな音楽が聞こえていました。

20160513084021402.jpg

22時半すぎのアーケード。まだ多くの人が歩いていました。
土産物屋も半分ぐらいはまだ空いていて、道後の夜は長いんだなぁと思いました。

20160513084029899.jpg

道後温泉本館も閉館間際になると、ようやく人の数が落ち着いてきていました。
ライトアップされた本館の建物は非常に風情がありますね。

明日はここに入れるといいなと希望を抱きつつ、今夜は眠りにつきました。
posted by さわやん at 08:31| Comment(0) | 旅行・お出かけ 愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする