2018年04月29日

新緑の箱根へ日帰り旅 その1

GW前半は日帰りで箱根に行って来ました。
線路脇の陥没の日の前日だったので、トラブルはありませんでした。

20180501075806802.jpg

行きはVSEのロマンスカーで。13時20分発だったので、当日の予約でも余裕でした。

20180501080209889.jpg

川を渡ると本厚木。

20180501080243778.jpg

20180501080258390.jpg

車窓は次第にまぶしい新緑の風景になっていきます。

20180501080420267.jpg

まもなく箱根湯本に到着です。

20180501081233101.jpg

箱根湯本駅前は、さすがGWで大混雑。
駅前を流れる早川の河川敷にも、こんなにたくさんの人がいました。
みんな箱根に来て川遊びしてるのかなー。

20180501081244099.jpg

箱根湯本駅から日帰り温泉の天山まで、歩いて向かいます。
人通りも減り、新緑のまぶしい清流沿いを歩いていくのは、とても気持ち良かったです。

20180501081259104.jpg

あ!

20180501081422275.jpg

滝通り温泉街をどんどん先へ。

20180501081437139.jpg

2018_0429_15500200.jpg


天山までは駅から歩くと30分近くかかるのですが、
川音を聴きながら、楽しく向かうことができました。
posted by さわやん at 23:11| Comment(0) | 旅行・お出かけ 神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

田舎生まれの田舎育ち

先日帰省した時に、実家の近くから撮影した風景。

20180427075714386.jpg

穏やかな稜線の安達太良山がそびえ、
県下最大の河川である阿武隈川が悠然と流れています。
今の時期は鳥のさえずりが賑やかで、初夏になれば蛙の大合唱です。

実家にいる頃は冗談抜きで、本宮と言う町はわりと都会だと思ってました。
実際に、当時の本宮町の人口密度は福島県内でも第2位だったのです(今は合併して4位)。

しかし、今の職場ではダントツの田舎出身者。
写真を見せる度に想像以上ののどかさに驚かれます(笑)。
ですが、その一方で、田舎と都会の両方での生活が体験できたことは
双方の良いところと悪いところを知ることができたし、
とても大きなメリットだったと思っています。
posted by さわやん at 08:11| Comment(2) | 旅行・お出かけ 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

なぜ勉強するのか

今日は図書館で予約していた本を受け取ってきました。

20180423230842670.jpg

なぜ勉強するのか。
まだ読んでません。

先日まで応用情報の勉強をこれでもかというほどやっていました。
職場の人たちや友人にも、見習わないとというお褒めの言葉も頂きました。

しかし自分が勉強しているのはより高いスキルをつけてステップアップしたいとか
会社から資格を取るように言われているからとか、そういう一般的な理由ではありません。

勉強している理由は二つ。
一つ目はずっと現場のプレイヤーとして働くためです。

この歳になるとどうしても管理的な仕事が多くなります。
けど、人間関係が極端に苦手な自分にとって
管理の仕事はそのままうつ病の再発を意味します。
一歩下がった現場ラインで、この年齢でプレイヤーとして働き続けるためには
勉強し続けることで、人件費の安い若い人たちの一歩先を走り続けなければいけません。
できないことが他の人より多いからこそ、
できることだけは他の人より努力する必要があります。

二つ目は自分自信を保つためです。
ブログでは自分の生きたいように生きると強気に書いていますが
実際には自分の中身は変わらないもので、
普段からこれ位の気持ちでいないと自分を保てないのです。
日々周りの人たちの言動に強い影響を受け
空気を読みすぎることで、生きる意味をたびたび失い続ける毎日です。
このままではまた病気の再発は近いうちに訪れるだろうと戦々恐々としています。

勉強はその一つの回避策でした。
目標ができることで、少し気が紛れるし、
気力が沸いたり、他のことも頑張れるようになりました。

もう少し肩の力を抜いて生きられたら、
どんなにか幸せだろうと思うのです。
なぜ勉強するのか、他の人が考えていることもしっかり読んでみようと思います。
posted by さわやん at 23:28| Comment(0) | 徒然日記 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする